私が前職で「仕事辞めたい」と感じたのは、
就業前の約束とルールが異なったからです。

求人広告を見た時には「ノルマ一切なし!」となっていたはずなのに、
何故か勤務開始後の研修では「だいだい、
月3件を目安に頑張ってください」とのこと。

これってノルマ?
不安になって聞いてみると、
あくまでもノルマではないと言い張られました。

なので、そのまま働き始めたのです。
でも、毎月月末になると
「今月は1件でしたね」とコメントされます。

これを何か月もやられて、
「ぜったいにノルマじゃん」と。

そして「話が違うから仕事辞めたい」という考えに至りました。

上司に相談して、仕事辞めたい旨を伝えると
「だってこんなに頑張っているじゃない」と言うじゃありませんか!

いやいや、私はノルマを課せられるなんてまっぴらなのよ!
今度ばかりは「だまされないぞ!」と強気で辞めさせてもらいました。

このようなことは多分日常茶飯事だと思います、
誰にでも経験があるはず。

雇う側にしてみれば人材不足な昨今に人を雇うには
なんとかよい人材を多く採用したいのは当然です。

あの手この手でわが社に入ってもらおうとよい条件を提示します、
いったん入社するともうその日から厳しいノルマが課さられます。

会社としてはノルマなんて言いません、
あくまで達成目標です。

ノルマが嫌なら公務員になるしかありません、
公務員ならノルマも上下関係もありませんから。

派遣会社を選ぶなら→ 主婦派遣会社おすすめ

関連記事

    None Found