【体調管理に気を配ることも口臭予防のひとつ】

口臭にはさまざまな要因や種類があるのを知っていますか?

嫌な表現ですが、臭いの特徴としてまるでドブのような臭い、
食べ物が腐ったような臭い、ツンと鼻をつくような臭い…
それぞれに要因が違います。

喫煙者やアルコールなどの嗜好品によるもの、
ニンニクなど食べ物によるもの、
あるいはドライマウスといった唾液などの水分が極端に足りないことによるもの、
病気、便秘、女性の生理といった健康状態によって引き起こされる口臭もあるんです。

例えば虫歯や歯周病。
歯の隙間(歯周ポケット)に細菌が繁殖することで起こるこれらの病気は
硫化水素やメチルメルカプタンと呼ばれる気体(ガス)を発生させ、
これが嫌な臭いとなって口から放出されるわけです。

硫化水素は、硫黄、卵の腐ったような悪臭を放ちます。

また虫歯は歯に穴があいている状態なので、そこに食べ物のカスが
詰まればどんなに歯磨きをしても完全には取り切れません。
そのまま虫歯が進行すると、歯髄(歯の神経)に影響が出て
やはり腐敗臭が出てきます。

このような場合は、歯科医院できちんと虫歯の治療をしなければ
臭いが消えることはありません。
またある程度の距離があっても、呼気(吐く息)はかなり届きます。
自分よりも先に、会話している相手に気づかれるのは恥ずかしいですし、
指摘されればなおさらショックですよね。

私はこちらに相談して、解決しました⇒口臭

【病気による口臭にはどんな違いがあるの?】

病気によっても、口臭の特徴は異なります。

〇呼吸器系、消化器系、耳鼻咽喉系の疾患:肉の腐ったような臭い

〇肝機能・腎機能系の疾患:魚の腐ったような臭いやアンモニア臭

〇糖尿病:アセトン臭と呼ばれる、果物(リンゴ)の腐ったような
ツンとした酸味を感じる臭い

このほかにも、精神的なものや臓器の感染症によって起こる口臭もあります。

いずれも自覚することが大変難しく、まただからといって
全てが病気とは限らないので、
心配だな…と感じたら、歯科医院での検査や定期的にクリーニングするのも
おすすめです。

関連記事

    None Found