わきがにオロナインを塗ると効果があると言われていますが、効果は確かにあります。
ただし、効果があるのは1時間から2時間くらいです。
あと、場合によっては腋臭のニオイとオロナインの独特なニオイが雑ざりあって、逆にキツいニオイになってしまう可能性がありますが、軽いわきがならオロナインでもワキガのニオイを抑えることができます。
こちらも参考にしてください⇒わきが オロナイン
ニオイになぜオロナインがわきがに効果があるのかというと、基本的にオロナインは傷口や化膿傷に効果があるのですが、殺菌力がとても強い薬です。
脇に塗るとニオイの原因となるアポクリン腺から出た汗を分解する細菌を殺菌することができるため、わきがを抑えられます。
ただし先程説明した通り、殺菌力の持続時間が短いです。
そのため、デオドラントでオロナインを使うことは難しいでしょう。
何回も塗り直していると脇の下がベタベタになってしまったり、油分が下着や服に付いてしまい、シミの元になってしまいます。
わきがの人はニオイが気になるのでつい脇を拭ったり、洗ったり多くしてしまいがちになり、乾燥肌になりやすくなってします。
しかし、オロナインはクリームなので保湿効果が期待され、肌荒れの人にも効果が期待できます。

関連記事