髭とは何か

髭とは顔の頰から顎にかけて生える男性特有の体毛です。基本的に女性に多く生えることはありません。それは男性ホルモンの影響だと考えられています。男性ホルモンの影響を大きく受けるのが性毛といい、髭や胸毛、四肢の毛がこれに該当します。一方あまり影響を受けないのが無性毛といって髪の毛やまつ毛、眉毛が該当します。よって男性ホルモンの量が多いほど髭の量も多くなるということです。それでは髭にはどんな意味があるのでしょうか。

 

 

人類の進化上の意味

人類の進化から考察してみましょう。猿やチンパンジーなどは全身を体毛に覆われています。これは太陽の紫外線や衝撃から体を保護するためだからです。また体温を一定に保つ役割も果たしています。人類に進化し日差しや雨風を防ぐことができるようになると、不必要な体毛は淘汰されてきました。しかし髪の毛、髭、眉毛、陰毛など、生きていく上で大事な部分だけは保護が必要なため、体毛が残されていると考えられているのです。よって髭には口を守るという大切な役割があったと言えるのです。

 

 

歴史上の意味

古来より日本では権威の象徴としてとらわれることが多かったのです。髭を生やすことを禁じられた時代もありましたが、戦国時代では武士や武将、第二次世界大戦時の将軍は長い髭を生やしていました。これは強さを意味しているのだと考えられています。歴史の中で平和な時代にはあまり髭が流行らず、動乱の時代には髭が流行るといった傾向があったようです。

 

外国ではどうでしょうか。髭といえば中東の国々をイメージする方も多いでしょう。中東では昔から髭を生やすことが一人前の男だととらわれており、逆に髭を生やしていないと馬鹿にされてしまうこともあるのです。また部族や宗教によっては一生髭を剃らないという風習もあります。髭はそれほど重要な意味を担ってきたのです。

 

 

現代での髭の意味

現代の日本では髭を生やすこと世間的にあまり優遇されません。公の場所に出席する場合や就職活動をする場合、髭を生やしていくと奇異な目で見られてしまいます。よって現在は無礼であるという意味が強いのです。仕事に出ているサラリーマンは毎日髭を剃って出勤しています。例外として会社の社長や重役は権威の象徴として髭を生やしている人もいます。
また、アイドルグループやイケメン俳優がオシャレな髭を生やすと流行になることがあります。現代で髭を生やしている人のほとんどがこのファッションによるものだと考えられます。

 

 

まとめ

髭は長い歴史を通して様々な意味を持ってきました。今後さらなる人類の進化で髭が淘汰されていく可能性も無いわけではありません。髭に対しての思いは人それぞれでしょうが、一度は深く考えてみても面白いと思います。(参照:髭 意味

 

 

関連記事

    None Found