私が濃いヒゲを薄くするためにゼロファクターを使っている理由は使用方法が簡単だということがあります。
ヒゲを含めてムダ毛を処理する際にはいつもカミソリを使ってきました。
ムダ毛を剃ることを脱毛と呼んでいいのか判りませんが、毛根からムダ毛処理をする脱毛はまだ試したことがありません。
ちょっと面倒な気がするので脱毛は敬遠してきました。
脱毛に比べてゼロファクターを用いる抑毛であれば使用方法も簡単で長く続けていきやすと思っています。
ゼロファクターの使用方法は別段、特別なことは何もありません。
ヒゲを剃ったあとのローションとして肌になじませていくだけです。
私も男で肌荒れなど特に心配はしていませんが、ゼロファクターを使っても肌が炎症を起こしたり荒れてしまったことはありません。
普通のアフターシェーブローションと同じように使えています。
これまで使っていたアフターシェーブローションよりゼロファクターのほうが肌には優しいのかも知れないと感じることもあります。
肌が滑らかになっているように感じるのです。これでヒゲが抑毛されて目立たなくなってきたら言うことはもう何もないと思います。
濃いヒゲを薄く目立たなくさせるには、確かに脱毛という方法もあるとは思いますが、抑毛を試してみるのもありだと思っています。

ゼロファクターについて、もっと知りたい方はこちらを参考にしてください⇒ゼロファクター 使用方法

関連記事