私が濃いヒゲを薄くするためにゼロファクターを使っている理由は使用方法が簡単だということがあります。
ヒゲを含めてムダ毛を処理する際にはいつもカミソリを使ってきました。
ムダ毛を剃ることを脱毛と呼んでいいのか判りませんが、毛根からムダ毛処理をする脱毛はまだ試したことがありません。
ちょっと面倒な気がするので脱毛は敬遠してきました。
脱毛に比べてゼロファクターを用いる抑毛であれば使用方法も簡単で長く続けていきやすと思っています。
ゼロファクターの使用方法は別段、特別なことは何もありません。
ヒゲを剃ったあとのローションとして肌になじませていくだけです。
私も男で肌荒れなど特に心配はしていませんが、ゼロファクターを使っても肌が炎症を起こしたり荒れてしまったことはありません。
普通のアフターシェーブローションと同じように使えています。
これまで使っていたアフターシェーブローションよりゼロファクターのほうが肌には優しいのかも知れないと感じることもあります。
肌が滑らかになっているように感じるのです。これでヒゲが抑毛されて目立たなくなってきたら言うことはもう何もないと思います。
濃いヒゲを薄く目立たなくさせるには、確かに脱毛という方法もあるとは思いますが、抑毛を試してみるのもありだと思っています。

ゼロファクターについて、もっと知りたい方はこちらを参考にしてください⇒ゼロファクター 使用方法

関連記事


    ゼロファクターは楽天でも見かけますが、見かけるのは5aSPローションだけです。 なので、5aSPシェイプジェルと一緒に購入できません。 ちなみに、amazonなら両方とも扱われていますが、公式サイトの…


    はじめに ゼロファクターは、青髭、濃い髭に悩む男性の為の髭ケアコスメアイテムですが、決して脱毛や除毛を効果としてうたっているものではなく、抑毛が期待できる製品です。なので、使い始めてすぐに髭が薄くな…


    男性であれば、毎朝のヒゲ剃りが日課という方も多いかと思います。 けれどヒゲが濃いと時間がかかってしまうので大変ですよね。 それにヒゲが頑固だとカミソリ負けも起こりやすくなります。 頻繁にカミソリ負け…


    このサイトでも紹介されているケノンなどの家庭用のものもありますが・・・ 最近のエピレのような脱毛サロンや脱毛クリニックでの脱毛はフラッシュ脱毛やレーザー脱毛が主流ですが、 昔は針脱毛が当たり前という…


    昨日、手の甲脱毛をしました。 京都での脱毛とは言っても、カミソリ処理です。 甲の凹凸があってやっぱり剃りにくいよなあ…。 日向で自分の手の甲を見たら、まだうっすらとムダ毛が生えていました。 剃り残し…