鯛ラバのタックルは何がお奨め?

一昔前は鯛ラバ専用のタックルというものはなくライトジギングで使用するベイトロッドにPE1号が200mくらい巻けるリールを代用していました。
しかし、最近ではどこのメーカーでも鯛ラバ専用のタックルを販売しています。
ライトジギングのタックルでも代用できますが鯛の細かいアタリを逃さないためには専用のタックルがお奨めです。
初めてやる方であれば専用のロッド1~2万円のものを用意しましょう。リールはベイトリールでPE1号が200mほど巻ければ十分ですがドラグ性能の良いものがお奨めです。
ライトゲームフィッシングさんの鯛ラバのサイトにも細かく書いてあるので詳しくは参考にしてください。

鯛ラバ専門サイト

鯛ラバ専用ロッド

鯛ラバの専用ロッドはティップ(穂先)が柔らかく鯛のツイバムあたりでも穂先が入り込み鯛に違和感を与えません。
しかし、フッキングした後にはタイの強い引きをロッド全体で抑え込みます。鯛は叩くような引きで首を振り針を外そうとしますがロッドが柔らかいのでしっかりと力を吸収してくれます。
ライトジギングの柔らかい竿も使えないことは無いですが鯛ラバ専用と比べると別物の竿になります。

鯛以外を釣る場合

鯛ラバという名前がついていますが鯛以外も沢山つれます。ハタ系やカサゴなどの根魚、ブリ、ヒラマサ、カンパチの青物からサメまで(笑
初めから鯛以外を狙う場合には鯛ラバ専用でなくライトジギングロッドのほうが向いています。これは捕食の仕方の違いなどからしっかりと合わせたい魚にはライトジギングロッドが向いていますね。

関連記事

    None Found