2013年の場合、看護師の年収の平均金額は、472万円と報告されています。
女性の全職種の年収金額の平均値は、200万円代の後半という水準なので、看護師の給料に関しては、非常に高いレベルに達していることになります。
数か月の短期の募集もあるし、月に2~3回のみの夜勤のみの仕事を長期雇用で募集しているケースも見られますから、時給はそれ以外のアルバイトと比べて、高く定められていることが多いのです。
現実的に看護師が次の職場探しの際に多く利用すると言われるのが看護師さん用の転職サイトなのです。
3割を超える人が、この転職サイト経由で次の職場への転職を成功させています。
国の機関である職業安定所に加えて転職サイトを活用することが最も良いでしょう。
しかし、暇がない状態の方は、一方に絞って再就職のための活動に役立てるといいでしょう。
求人票を眺めたとしても、再就職先の雰囲気や環境のことは把握できません。
転職サポートサービスであれば、関係者しか知らない応募先の人間関係及び雰囲気などの本物の情報が大量にあるのです。

大変でミスも許されない職業なのに、普通の男性サラリーマンと比較しても安い給料で働いていることから、給料と労働内容のバランスが取れていないなんて不平がある看護師さんは相当いることだと思います。
普通の企業の出資による求人サービス会社の最大のアピールポイントが、求人を申し込んだ病院側とキャリアコンサルタントが、常に情報を交換し合っていることです。
こういった部分が厚生労働省の職業安定所や有志の看護協会の就職・転職相談アドバイザーとは大きな開きがある点でしょうね。
悔いの残らない転職というゴールに向けて、早速当WEBサイトで公開中の話題の看護師転職サイトを働かせて、条件に合った新たな勤務先への転職を成功させましょう。
通常の看護師と言いますのは、近場の学校を出て、地元でそのまま就職します。
結婚して家族ができると、不足する看護師を求めているところで仕事をするために、「単身赴任」することは非常に困難です。
概して集合型求人サイトに関しては、職務経歴書、あるいは履歴書を記録しておく仕組みが備えられています。
利用開始時に入力しておくだけで、求人を申し込んだ医療機関からリクルートの連絡を貰うことも可能です。

企業や学校内の保健室勤務ですと、遅くまでの残業勤務が全く無い状況ですし、土日に加え、年末年始などの休みも確保可能だから、求人募集があると、1週間くらいで締め切られるほど応募者が殺到しています。
一番に就職支援雑誌とか学校の求人、さらにネットなどを賢く利用していただき、貴方が欲している情報をはっきりさせてから、条件を満たす病院からだけ資料を郵送してもらった方がうまくいくと思います。
「転職するならじっくり考えて」という意見を聞きますが、次の勤め先へ転職した後で「こんなの違う」なんて嘆かないように、事前に行う下調べとか入念な準備がなにより大切なのです。
ほぼすべての看護師求人サイトは、非公開求人も持っているのです。
だから広く公開されている求人だけで転職するのではなく、損はないので会員登録して質問してみるべきでしょう。
会社員として雇用されている看護師の仕事において、特に高い年収が期待できるのは、何といっても治験関連の仕事です。
管理職になれば、年収1000万円以上の超高収入の看護師だっているんですよ。

↓よかったら、こちらもご覧下さい。↓
厚生病院 看護師 求人

関連記事


    看護師の転職の場合、給料の改善という願望が核となっているわけですが、これ以外の訳は、その方の年齢あるいはこれまでの転職歴で、ある程度異なる結果になっています。 あなたが望む待遇になる様に雇用者側と交渉…


    利用者が増えている看護師求人サイトとは、役所であるハローワークだとか任意団体である看護協会とは異なり、会社組織によって運営されている看護師さんたち向けの就職及び転職をサポートする求人の情報提供・紹介サ…


    概ね集合型求人サイトには、職務経歴書、もしくは履歴書を保管しておく機能が準備されているのです。 はじめに情報を登録しておけば、サイト経由で募集者からスカウトしてもらう場合もあります。 看護師向け転職支…


    訪問看護を行う看護師は、持病や障害を抱えている方たちが不安を感じずに普通に暮らせるように、診療所や病院の医者や看護師、そして福祉施設の職員など、大勢の方たちと常に連携して看護を遂行しています。 看護師…


    民間の法人が運営している求人サービス会社の最も優れた点が、求人者である病院と所属しているキャリア・アドバイザーが、十分な接触をしていること。 こういった点がハローワーク(公共職業安定所)とか看護協会の…